MENU

介護施設求人を探すここがおすすめ

介護施設求人を探すといってもいろいろな探し方があり、求人サイトも数多く特徴も違います。
ですから当サイトでは求人サイトの特徴を紹介したいと思います。

特徴やポイントを紹介

介護求人転職支援サービス

大手でベネッセで働きたいという方へ⇒ベネッセの介護士お仕事サポート
介護の資格講座の受講料が0円で資格も取りたい方へ⇒かいご畑
人間関係・職場環境を重視している方へ⇒介護エイド
求人数が多い⇒スマイルSUPPORT介護のサービス

介護求人サイト

介護施設求人に特化した求人サイト⇒介護キャリアプラス
求人数が多い⇒介護求人ナビ
ハローワークの介護求人も検索できる⇒カイゴジョブ

ベネッセの介護士お仕事サポート

 

ベネッセのグループ会社が運営している介護士求人紹介サービスです。
強みはベネッセの有料老人ホーム(全国230以上)を紹介してくれるというところではないでしょうか。
グループということで連携が取れているというのもあります。
当然それ以外の求人のありますし、正社員、派遣、アルバイトなど雇用形態は様々可能です。

 

公式サイトはこちら⇒☆ベネッセの介護士お仕事サポート☆

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事はメディカル・コンシェルジュが運営の求人情報紹介サービスです。
様々な医療関係のサービスを展開しているメディカル・コンシェルジュが運営しているというのもポイントです。
MCポイント・就職お祝い金サービスというのもあります。(条件もあります・終了している可能性もあるので公式サイトで確認お願いします)
全国15拠点に展開しているので地方の方でも行きやすいのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒MC─介護のお仕事

介護施設の種類

介護施設の種類としては、大きく分けて入所型と通所型の二つがあります。
入所型は特別養護老人ホームや有料老人ホーム、老人保健施設、グループホームなどで、通所型はデイサービスが代表的です。
それらの介護施設の求人は年間を通じて比較的多く、概ね求人数に対して応募数が少ないのが現状です。
それは、他の業種に比べ仕事量や内容の割に賃金が低めに設定されていることによると思われます。

 

介護の業界は他の業界に比べ離職率も高めですから、現場は恒常的に人手不足です。
普通は需要と供給のバランスで、そのような場合、賃金は高くなっていくのが当たり前なのですが、介護保険収入を主な財源としている介護施設では、収入源が限られており、企業努力ではどうにもならないのが実情です、賃金は簡単には上げられません。

 

さて、これら施設からの求人を見てみると、業界未経験者歓迎の文字が目立ちます。
大げさではなく、まさに人の命を預かるこの仕事ですが、意外なほど就職のハードルは低く、リーマンショックの直後には、リストラ組のサラリーマンの受け皿ともなっていました。
本来なら専門的な知識や技術を持った職員が活躍することが望ましいのですが、介護福祉士など国家資格を持っていても、やれる仕事は素人と同じ、また、賃金も未経験者とさほど差がないというところに、志を持っていたはずの職員が嫌気をさし、この業界から離れていく要因があります。

介護施設での介護士の仕事内容

介護施設にはたくさんの種類があります。
老人保健施設や老人福祉施設、医療療養型医療施設、グループホーム、有料老人ホームなどがその例です。

介護施設にはそれぞれに特徴があり、利用者の身体レベルや認知レベルは違うため、それに応じた対応が必要となりますが、介護士の仕事はほとんどの職場で共通しており、仕事の主体は利用者の日常生活の介護になります。
朝は利用者の着替えや洗面などの整容動作の介護から始まり、食事や排泄、入浴などの介護を行います。
食事では手が自由に使用できない人や食べ物の飲み込みがうまく出来ない人について介助を行ったり、食事の配膳や片づけを行います。排泄ではトイレで安全に行えるように介助や見守りを行うとともに、排泄動作がおこなえずオムツの人には必要なときにオムツの交換を行います。
排泄に関することは利用者の尊厳を大きく傷つけることにもつながるため、利用者が排泄を失敗しても責めることなく気持ちに配慮した対応を行うことが非常に大事です。
入浴は利用者が裸であることや、水場で滑りやすいことなどから高い介護技術が要求されるところになります。
転倒事故は骨折などにつながるため、特に注意が必要な仕事になります。

介護施設で働くメリットとデメリット

介護施設で働くときには、メリットとかデメリットとかを比較考量して決めるものではないと言いたいのですが、あえて考え、働く意思を固めたり、意義を確認するのもいいことでしょう。

 

デメリットですが、思った以上にしんどいという言葉がぴったりの職場ということができます。
もちろん、その施設のある場所や、入所している人たちの関係や、施設の創業からの年月など、いろいろなことが関係してきますが、汚れごとに嫌でも向き合い、自分の手で処理することが求められますし、介護の必要な人のお世話では抱き上げたリ、車いすへの移動などで力仕事も多くあります。
言葉の不自由な人、認知症の人などコミュニケーションにも苦労させられます。
従事する職員の数には、それほど余裕がありませんので、一般の企業と比べれば、お休みとかも自由にという具合にはいかないのが現状です。

 

介護施設はそういう職場ですが、世の中に貢献するという点では、なくてはならないものですし、これからの高齢社会を支える重要な仕事を引き受けるところという誇りがあります。
人の最高の欲求は、自己実現であると唱えた学者がいますが、その上の欲求が、「人のお役に立つ」ということであることを考えると、究極の欲求を満たすことができる職場の一つとも言え、それが最大のメリットといえるでしょう。

特別養護老人ホームでの仕事内容

特別養護老人ホームとは、自宅にて介護を受けることが難しい方が入所する施設の一つです。
要介護認定1〜5を受けた65歳以上の方が対象で、身体上または精神上において障害を持っている方が、特別養護老人ホームにて自宅と変わらない日常生活を送れることを目的としている施設です。

 

特別養護老人ホームで勤務する職種は、主に看護師や介護福祉士、ケアマネージャーです。
仕事内容は、介護サービスの計画に基づいて、入浴・排泄・食事介護、又健康管理や日常生活上の世話を行います。
そして、医師の指示に基づいて、薬の管理、バイタルチェック、経管栄養の準備と注入、じょくそう処置などの医療処置もあります。
利用者の方の急変時の対応も必須です。

 

病院などの医療機関とは異なり、医師が24時間常駐していないので、状況と緊急度を判断して、医師に連絡して支持を仰ぐなど、迅速な対応と的確な判断が求められる仕事です。

 

体力的、精神的にかなり大変な仕事ではありますが、入居している高齢者の方は健康が維持され自宅のように、楽しく居心地の良さよそうな生活を送っておられる姿を見るとやりがいを感じます。
又、高齢者の方から自分たちにはまだ経験したことのない人生話など、見習うようなお話をきかせてくれることも貴重な経験となります。
なので、コミュニケーション能力も必要となります。

グループホームでの仕事内容

「グループホーム」とは、認知症の高齢者の方が、5〜9人程度の少人数で、家庭に近い雰囲気や環境の中で介護や支援を受けながら、生活を送る施設です。
可能な班で食事の支度や掃除、洗濯などを分担して、共同生活を行います。

 

グループホームで働く人たちの仕事は、入居者の生活をあくまで側面的に援助するかたちで、認知症の進行を遅くすることを目的とします。
たとえば、この歌を歌えるようにするなど、毎日小さな目標を立てて、根気強くできるようになるまで、支援することです。
基本的に、医師や看護師は、常駐していないので、経管栄養、じょくそう処置、吸入処置などの医療行為は行いません。

 

働くにあたり、一番大切なことは、認知症の方とのコミュニケーションをしっかりと取ることです。
表情や身体の動きなどで、相手の気持ちや伝えたいことを察することです。
最初は分からなくても、一人ひとりの毎日の動向を見て、その方の心情に目を配ること。

 

そして、職員同士でのチームワークも大切で、情報を共有することが、入居者の生活を快適に送っていただくためには必要です。
グループホームでの勤務は、他の介護施設よりも、体力的にも精神的にも大変ハードな仕事ではありますが、やりがいを感じる仕事です。

デイサービスセンターでの仕事内容

デイサービスセンターとは、通所介護のことで利用者の方が可能な限り、自宅で自立した日常生活を送ることができるように、利用者の孤立感の解消や、心身機能の回復のみならず、家族の介護の負担を軽減することを目的とした施設です。

 

デイサービスセンターは、名前のとおり、日帰りでサービスを提供します。

 

デイサービスでの仕事内容は、食事や入浴などの日常生活の支援や、リハビリなどを行います。
又、施設から利用者の自宅まで送迎も行っています。
利用する高齢者の交流も大切にして、利用者の方に生きる喜びを感じていただけるように心がけています。

 

デイサービスセンターで働く職種は、看護師や介護福祉士、ヘルパーなどがメインです。
これらの医療専門職の人材が、利用者が楽しく過ごせるような生活を提供できるように日々頑張っています。

 

デイサービスセンターで働くにあたり、向いている人は、心配り・気配りができる人、コミュニケーション能力にたけている人といえます。
デイサービスでは、利用者の方とともに、買い物に出かけたり、お花見や紅葉など季節ごとのイベントに参加したりと、家族と同様な生活を行います。
利用者だけではなく、それらを取り巻く家族や環境も配慮した上で、接する必要があります。
同時に、色々勉強させられるので、よい経験となるでしょう。

有料老人ホームでの仕事内容

有料老人ホームは、グループホームよりも人数も多いですし規模も大きいです。
そのため、グループホームのような家庭的な雰囲気はありません。有料老人ホームでの仕事ですが、一般的に食事は厨房の担当の人が作ります。
また、洗濯も掃除も全て専門の担当者がいるところがほとんどです。
そのため、有料老人ホームで働く場合は、介護の仕事のみに専念することができるのです。食事や排泄、入浴といった3大介助は当たり前ですが、そのような仕事にくわえて、一人一人の要望にこたえていくことも大切です。
たとえば、レストランに食べに行きたい、といわれる人がいればレストランに連れていってあげるのです。
有料老人ホームには、介護職の人だけではなく、そのほかの専門職の人も一緒に働いているため、利用者の生活に対して、ケアの実現をしていくことができるのです。
グループホームでは、なかなかできないことの一つです。
もちろん、利用者の方とのコミュニケーションもとても大切です。利用者の方と趣味の話しをしたりして話し相手になってあげるのです。
有料老人ホームは、介護をおもいっきりしたいと思っている人に向いています。料理が苦手でも、厨房に立つ必要がないので安心です。

介護施設での看護師の仕事内容

近年、高齢化に伴い、介護施設での看護師の需要が高まってきており、活躍が期待されています。
介護施設といっても様々で、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、デイサービスなどがあります。
看護師の仕事は、各施設の利用者の日々の健康管理がメインとなります。
具体的な仕事内容としては、バイタル測定、服薬管理、インシュリン注射、口腔ケアや胃ろう管理などの医療処置、応急手当、救急車同行などの緊急時における対応があります。
また、施設の衛生面での管理や、介護スタッフの支援も行います。
入居者の入浴やトイレ、食事の介護などは、基本的には介護スタッフの仕事ですが、規模が小さくてスタッフの数が少ない施設では、看護師が携わる場合もあります。
一般的な病院とは違い、診察や手術をすることがないため、医療処置を施すことは少ないのですが、施設の利用者の介護の度合いによってその内容が変わってきます。
中でも、病院色に近いのが介護老人保健施設です。
施設利用対象者は、介護度1〜5要介護の介護者で、病院を退院し、家庭に戻るためのリハビリを行う施設です。
高度な医療知識は必要とされませんが、24時間体制で夜勤もあるのが特徴です。

介護施設求人を探すならここ
更新履歴